プロローグ

平和なガイヤ惑星。
しかし豊かさと平和に満足できなかった人々は徐々に権力に対する欲が生まれ始めた。
他人より良い物を得るための争いはすぐに武力として現れ、強者と弱者が分離し弱肉強食の社会となり、これにより人々は力を集めることができる集団勢力を形状した。

集団勢力はその勢力を拡張するため他の勢力との衝突が頻繁になり、このような状況は少しずつ悪化し大規模な勢力の横暴と発展された。これにより平和だったガイヤ惑星は少しずつ混沌の時代を迎えることとなった。

その中でたった独りその勢力がとても大きかった一つの集団勢力がガイヤ惑星の覇権を手に入れようとする野望を持つようになった。

これらを武力を使ってガイヤ惑星の人たちに自分を覇王と名乗り強要した。

そして自分の力を誇示できるよう各地域に王宮を建て、これを使ってガイヤ惑星の中央集権主義の社会として近づくことになった。

このように一つの集団の武力と権力で支配されるガイヤ惑星では、力のない勢力と個人は少しずつ社会で孤立していった。

これに反発する数多くの勢力が抗争を行いこれまで数多くの戦争が起こったが...何度も失敗に終ってしまった。その後にも人々はガイヤ惑星の混乱を静めて くれる英雄を探し始め、真の覇王を探すために何度も発生する戦争を覇王戦と呼んだ。

いつかガイヤ惑星に真の平和をもたらす覇王が誕生する日を期し・・・

-ポトリス3覇王戦 “覇王戦の歴史より”-

コメントは停止中です。

このページの先頭へ