ガンホーのキャロットタンクぬいぐるみは・・・

ポトリスぬいぐるみ(6種類)
改めて気づいたのですが、実はガンホーから贈られたキャロットタンクぬいぐるみは、ポトリスの運営がバンダイの頃あった韓国オリジナルのキャロットタンクぬいぐるみと部分的な色使いが違うのです。「かえるの家」旧ギルドコンテンツにカエルギャラリーがございますが、ギルドだった当時私がポトリスぬいぐるみの写真を投稿したものです。この写真では6種類のタンクがございますが、右から2番目のキャロットタンクをご覧下さい。目玉の上のヘルメット(?)とアンダーガード(前方下側に付いているパーツ)が黄土色で、より原作に近い色使いになっていますね。

キャロットタンクぬいぐるみ
一方こちらがガンホーから贈られたキャロットタンクぬいぐるみです。目玉の上のヘルメット(?)とアンダーガード(前方下側に付いているパーツ)がグレーになっていますね。良く考えると原作と違う感じがします。こちらはタグが日本語であり、同じキャロットタンクぬいぐるみでも製造・販売ルートが違うものと言えるでしょう。

ちなみにどちらのぬいぐるみも中国製になっています。

“ガンホーのキャロットタンクぬいぐるみは・・・” への5件のフィードバック

  1. 青龍弩↑ より:

    こんにちは〜 (^ー^)ゞ

    ポトリスは何やかやで色々な、いわゆるグッズがあったようですね。
    やっぱり、ぬいぐるみやストラップが多いのかな?
    他にはクリアフォルダーなどもありましたが…。

    グッズと言えば、以前バンダイGVさんの 『ぼそぼそ』 で言われて
    いましたが、一部キャラはこれと言って作られなかったそうですね。
    ある程度の生産数を考えなければならないとなると、やはり
    仕方ないのでしょうけれども……。

    …失礼致しました。m(_ _;)m
    せれでは、また、お邪魔させて頂きますね。(^-^)

  2. 近藤@尾根 より:

    こんばんわ^^ポトリスグッズはぬいぐるみやストラップなどがございました。ぬいぐるみは大きいのと小さいストラップの付いたものがございます。それらは本場韓国で販売されていたものです。それと忘れてはいけないのがガイドブックですね。

    他にも「バトルアクション」というプラスチック製の玩具もございましたよ。2種類のタンクが入っていてBB弾を発射できるもので、的を狙って発射します。実はそれポト1の頃のイベントでゲットしています。「キャロ&マルチ」と「デューク&マイン」ですね。他にも「カエル&タコ」・「キャノン&ミサイル」がございました。「かえるの家」カエルギャラリーにそのパッケージの画像がございます。

    >一部キャラはこれと言って作られなかったそうですね。
    カタパルト・ク

  3. 近藤@尾根 より:

    ちょっと長くなってしまった様ですね;;

    >一部キャラはこれと言って作られなかったそうですね。
    カタパルト・クロスボウ・レーザータンクはグッズが作られなかったですが、パーツに細い部分があり、強度に問題があるという事でした。全部揃っていたら良かったのにね。特にストラップにはなってもらいたかったですね。

  4. 青龍弩↑ より:

    こんな時間に失礼致しますm(_ _;)m

    まずカエルギャラリーですが、404になっています Σ( ̄□ ̄;;;)
    今さっき見てきたのですが、尾根さんの方でも確認をお願い致します。(汗)

    「バトルアクション」 の画像自体は、以前に拝見させて頂いています。
    でも、後者二種類は初耳? です、そんなにあったんですね。

    それにしても、無かったのはその3キャラですか…。
    ぼそぼその記録ログらしきページを発見しまして、細い部分が……という点については改めて確認? できました。
    …もしバンダイGVさんが版権を取得などしていたら、やっぱり
    全キャラ何かしらやったのかなぁ………とか、ちょっと思ってみたり
    しています。(^^;)

    …では、今回はこれくらいで。
    文字数制限が気になります………( ̄□ ̄;)

  5. 近藤@尾根 より:

    カエルギャラリーリンクの方修正しました。
    当初は登山ページのフォルダ内にあったのを、サーバー移転のためのディレクトリの変更も行ったため、一部でリンクが乱れてしまいました。ご容赦下さい。

    バトルアクションの後者2件ですが、そのメーカーのサイトを見て知りました。バンダイの頃あったポトリスグッズの大半は韓国からのものではないでしょうか。ぬいぐるみなどはあるので改めてバンダイが製品化する必要がなかったでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ