日本でのこれまでのサービス状況

残念ながらかつて日本で行われていた「ポトリス2」のサービス状況、特にガンホーによるサービスの時代は決して良くなかった。運営会社がガンホーという事で想像も難くないだろう。又、2005年頃にはFAS(Fortress Auto System)などの不正ツールが流出し、不正ツールを使用していない者までが疑われる事で問題となった。基本的に主に以下の問題点が存在していた。

  • 基本料金有料(月額300円)。
  • ゲーム内掲示板が実装されていない。
  • ID変更機能も実装されていない。
  • ギルドシステムも実装されていない(いわゆる公認ギルドが存在しない)。
  • 一部のバグ(リーダーモードの旗の表示など)が残ったままである。
  • 時々サーバーが重くなったり、サーバーダウンが起きる(バンダイGVによる無料サービスの頃よりひどい!)。
  • 不正ツール対策が行き届いていない。

上記の問題点により、主に以下の状況となっている。

  • 「ポトリス2」の過疎化が進んでいる。
  • よって活動しているギルドが減少している。
  • 「鶴(不正ツール)なし」・「計算なし」と書かれている部屋がある。
  • 階級がドクロでも初心者はほとんど見られなくなった。
  • 下手すれば中級者でも居辛い状況である。

コメントを残す

このページの先頭へ