「ポトリス2」以外のポトリスシリーズ

現在でも韓国などでサービスが行われている「ポトリス2」の他にも、かつてサービスが行われたポトリスシリーズのタイトルがいくつか存在していた。

ポトリス3覇王戦
2003年に登場、最大16名で対戦できる団体戦やギルド戦である攻城戦・同時攻撃・アバター衣装といった新たなフィーチャーがふんだんに取り入れられているのが特徴である。選択できるタンクは何と18種類で、よりコミカルなデザインとなり、アニメーションもより豊富になっている。もちろん、背景のグラフィックもより色彩豊かになっている。攻城戦ではギルドマスターしか使用できない専用タンクまで用意されている。又、アバターの衣装は何とタンク自身が身に着けるのである。
日本でも2003年秋頃よりベーターテストが行われていたが、当時のバンダイGVの運営撤退もあり、僅か半年足らずで終了する事となった。その後「ポトリス2」はガンホーに運営が委譲されたが、結局「ポトリス3」は運営再開される事がなかった。2005年中に韓国を始めとするすべてのサービスが行われていた国でサービスが終了した。

ニューポトリス
2005年に登場、「シューティングRPG」と謳っておりレベルアップの要素が取り入れられている。レベルがアップするにつれタンクのグラフィックがより迫力あるものになり、より強力な攻撃が行える様になる。又、従来からあるポトリスのタンクの他にも「ダーク三銃士」という新キャラクターも登場する。ただ、ベーターテスト中だったためか、使用できるタンクがかなり少なくなっていた。
日本では残念ながらベーターテストが行われる事がなかった。韓国でもベーターテストで終わってしまった事からも、「ポトリス2」を超える作品を作り上げる事が難しい事がうかがえる。

コメントを残す

このページの先頭へ